月次支援金とは?事前確認やってます

今回は月次支援金についてのお話です。まだまだ落ち着く気配のみえない状況ですが、今回は国からの給付金支援の情報をご提供致します。

明日の6月16日より

月次支援金というも明日から始まるのをご存知でしょうか

月次支援金とは

 令和3年4月以降に実施された緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業や不要不急の外出自粛により影響を受け、売上が減少した中小法人・個人事業者等に対して、月次支援金を給付します.

中小法人・個人事業者のための『月次支援金』の申請期間は明日の6月16日からです。

緊急事態措置・まん延防止等重点措置の影響緩和ため、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に月次支援金が給付されます。

 詳細は下記からご確認いただけます。

  月次支援金 (経済産業省ホームページ)

https://www.meti.go.jp/covid-19/getsuji_shien/index.html

■月次支援金の概要

今年4月以降の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置による休業や時短営業、外出自粛等の影響によって、売上が50%以上減少している事業者に対する支援金です。経済産業省が実施しています。

経済産業省の月次支援金リーフレットには、給付対象の具体例を次のように挙げています。

2021年1月~3月に実施されていた一時支援金の延長と考えて良いでしょう。

詳細をまとめると、以下の通りです。

給付対象者

⑴2021年4月以降の緊急事態宣言やまん延防止措置に伴う、飲食店の休業・時短営業や外出自粛等の影響を受けたこと

⑵2021年の月間売上が2019年または2020年の同じ月と比べて50%以上減少

給付額

2019年または2020年の同じ月の売上-2021年の対象月の売上ですが、

給付上限があります。

中小法人等:月20万円

個人事業主等:月10万円

申請方法

アカウントの申請登録

事前確認の予約

事前確認の実施

マイページよりオンライン申請

※ただし、一時支援金を受給した事業者の場合は、

同じIDを使用でき、事前確認も不要

申請期間

4月・5月分;2021年6月16日~8月15日

6月分:2021年7月1日~8月31日

給付にあたって登録確認機関による事前確認が必要です。一度、月次支援金に関する事前確認を受けて受給すれば、次回以降の申請では、事前確認の必要は基本的に必要ありません。

 なお、一時支援金を受給した事業者は、月次支援金の申請のために改めて事前確認を受ける必要はありません。

1月~3月の一時支援金と似ていますが、細かい部分は違っており

一時支援金は2021年1、2、3月のいづれか該当する月だったのに対し月次支援金は1ヶ月ごとに判断されることです。

また、一時支援金を給付された事業者には、次回から事前確認が簡略化されるので、大変助かりますね。

当事務所は、一時支援金と同様に、月次支援金の事前確認機関となっております。

お気軽にお問合わせくださいませ。